ホシノ酵母のパン

枝豆とコーンの丸パン

Photo

似た様なパンばかり焼いてる気もしますが、最近、生とうきびを買う事が多くて、コーンを入れたパンを作りたくて焼いたパン。

茹でた、とうきびの粒を包丁でこそげて入れました。

続きを読む "枝豆とコーンの丸パン"

| | コメント (0)

枝豆とチーズの丸パン

Photo

久々にパンを焼きました。

ホシノで枝豆とチーズ。

続きを読む "枝豆とチーズの丸パン"

| | コメント (0)

レーズン角食

Raisins_bread_01

増沢恵子さん著 天然酵母の食事パンとお菓子パン―自然な甘みで、ほんとうにおいしい の中で紹介されているシナモンブレッドの白い生地のみで、レーズン角食を焼いてみました。

ホシノ酵母では、あまり角食を焼いた事がなくて、最終発酵の見極めが手探りに ・・・
ちょっと時間を取り過ぎましたね、角の出た角食になってしまいました。
次回は今回の反省を生かして、また角食、トライしてみたいと思います。

生地はバターたっぷりの、しっとりした焼き上がりで、なかなか美味しかったです。

7月ですね~
2009年も、もう半分終わってしまいました。
早いなぁ~早過ぎます

| | コメント (2)

先週のパン

先週焼いたパン。

_01_9

バゲット用に捏ねた生地ではなかったのですが、この成形。
クープが開いた姿を見たいっていう理由だけで、無理矢理この成形に。
ダイスカットしたチーズも巻き込んであります。
2本は上手く開きましたでしょうか。
でも残りの1本は微妙に ・・・ と思って裏をみたら、なるほど~と。

_02_5

裏側がパックリ割れてました。
こっちで割れちゃって、表に行くべき力が分散しちゃったんですね。
本当にパンって正直というか、よく出来たものです。

_01_10

ロイヤルティーブレッド

増沢恵子さんのいつもの本
天然酵母の食事パンとお菓子パン―自然な甘みで、ほんとうにおいしい から。
紅茶葉の入ったパンが好きなので、以前から気になっていたレシピ。

ブレッドと付いてはいますが、パンというよりはケーキの様な食感。
発酵菓子のイメージなのでしょうか?
パウンドケーキ寄りの食感でした。

| | コメント (2)

ペイザン

折角の週末だというのに、札幌は昨日から生憎の天気。
天気が悪いと、すっかり出不精になってしまう近頃の私です。

Photo_4

ペイザン

ホシノでパンを焼く時は本当お世話になってる増沢 恵子さんの本。
天然酵母の食事パンとお菓子パン―自然な甘みで、ほんとうにおいしい から。

続きを読む "ペイザン"

| | コメント (2)

パン・オ・セーグルと共働学舎新得農場のチーズ、さくら

本州は、すっかり初夏の様な陽気が続いているとは思いますが、札幌は私にとっては、まだまだ寒い
しかも、今年の私は大好きな桜の花を見れずじまいなので、全然春が来たという実感もありません
桜見た~いぃ

桜が見れてないから、と云う訳ではありませんが、共働学舎新得農場 さんの 「 さくら 」 というチーズを買ってきました。

Photo_2

以前、フジテレビの とくダネ! の中にあった 「 味覚遺産 」 というコーナーで紹介されていたのを見て以来、興味があって、あちこち探していたものの、どこも完売で見つからず。
それが探してみると、ある所には有ったんですよね~
完売の所は、いつ行っても完売なのに、ある所には結構な数、店頭に有りました。

「 さくら 」 チーズに合わせて、パンも焼いてみました。

Photo_3

パン・オ・セーグルというライ麦入りのパンをホシノ酵母で。

農事組合法人 共働学舎新得農場
【 URL 】 http://www.kyodogakusha.org/

オススメ度 ★★☆

続きを読む "パン・オ・セーグルと共働学舎新得農場のチーズ、さくら"

| | コメント (1)

週末まで雨模様の様で ・・・

これから一番良い季節へと向かって行く札幌に帰ってきたというのに、週末まで天気が優れない様で ・・・
またまた寒気も入ってきて寒さがぶり返す日もあるみたいです。

なので、今週は部屋の片付けをしたり、やってしまいたいと思っている縫い物をしたり、パンを焼いたりと、インドアに過ごす事にしようと思ってます。
と云っても札幌に来てからの生活はインドアに浸りきってるので、本当は天気とか全然関係ないかもしれないんですけどネ

連休前、実家用等々の手土産用に焼いたパンたち。

ごまのイギリスパン

_04_2

_05

ホシノ酵母で焼いている、このパンは、自分の中では定番となってます。

さくら餡パン

_01

自分の好みで、餡パンはドライイーストを使った、この配合が今のところ一番好きなので、餡パンはドライイーストで。

ルヴァン・ナチュール

_03

_04_3

小さめの丸コルプ型で焼きました。
友人への北海道土産として持って行ったチーズと一緒に食べてもらえたら嬉しいな と思って。
これ位、小振りなサイズも手土産サイズで良いかも?と新たな発見。
粉量300g 2分割で、このサイズ。

味見は出来なかったのですが、もう何回も焼いているパンたちなので、多分大丈夫だったと思います。

今週は、また自宅用のパン焼きに週間に戻ってるはず ・・・

| | コメント (0)

ルヴァン・ナチュール

本当に、この本↓活用させてもらってます。

天然酵母の食事パンとお菓子パン―自然な甘みで、ほんとうにおいしい 天然酵母の食事パンとお菓子パン―自然な甘みで、ほんとうにおいしい

著者:増沢 恵子
販売元:文化出版局

ルヴァン・ナチュールを焼きました。

_01_2

ライ麦入りのパンです。
楕円のコルプに入れて焼きました。

ちょっと、いびつになっちゃいました。
成形時に均等な楕円形に出来なかったんですよね ・・・

_02

トーストして食べましたが、クラストはカリッ、クラムはモチっとして美味しかった。
ライ麦が入っていても、割合が少なめなので、万人受けする食べ易い味です。

今朝、このルヴァン・ナチュールと、お焼き風小倉あんパンを一緒に食べながら思ったのですが、ホシノ酵母ルヴァン・ナチュールみたいなタイプのパンの方が合ってるのかな?って。勿論好みもあるとは思いますが。
そういうのも含めて自分の好みを検証する為にも、暫く色々焼いてみたいと思います。

| | コメント (2)

お焼き風小倉あんパン

この本↓活用させてもらってます。

天然酵母の食事パンとお菓子パン―自然な甘みで、ほんとうにおいしい 天然酵母の食事パンとお菓子パン―自然な甘みで、ほんとうにおいしい

著者:増沢 恵子
販売元:文化出版局

レシピ本は色々持っていますが、白状すると1つの本で、これだけ色々作ったているのは初めて

今回は前回焼いた、さくら餡パンで使った残りの餡を使って、お焼き風小倉あんパンを焼いてみました。

Photo

レシピ通りだと中心は黒ゴマでしたが、今回も白ケシの実で。
桜の塩漬けは乗せませんでした。
やっぱり乗せた方が良かったかな ・・・
やっぱり黒ゴマの方が良かったかも ・・・

お焼き風小倉あんパンだからかな?
パン生地は薄めで、天板を上下に挟んだ平焼きで、しっかり焼き込まれた感じになっているので、皮はパリっと堅めで、しっかり餡を楽しめる餡パンでした。
餡好きの方には喜ばれるパンです、きっと。

餡パン、もう何度か作って随分餡を包む成形も慣れてきました。
慣れてくると楽しい作業です
こうなると餡ベラが欲しくなってくるかも。
イカン、イカン

今日の札幌、寒いです ・・・
来週はGWだというのに、道内では雪が降ってる所もあるみたい
恐るべし北海道。
って道民の方からしたら普通って云われるかもしれませんが、本州育ちの私には体にこたえます

| | コメント (0)

カイザーゼンメル

最近、ホシノのパンを焼く時は、コチラの本を参考にする事が多い私。

天然酵母の食事パンとお菓子パン―自然な甘みで、ほんとうにおいしい 天然酵母の食事パンとお菓子パン―自然な甘みで、ほんとうにおいしい

著者:増沢 恵子
販売元:文化出版局

今日はカイザーゼンメルを焼いてみました。

先週、キッチンにある、パンや製菓関係のボックスの整理をしていたら、カイザーゼンメル用のスタンプが出てきたんですよ
自分で買ったものなのに、忘れていたものが出てくると、何だかちょっと得した気分になるのは何故なんだろう?
コートのポケットから出てきた1000円札とか

たった今、焼き上がりました。
ホシノは発酵に時間がかかるので、昨夜寝る前に生地を仕込んでおいて、オーバーナイトで一次発酵。
起きた頃にはイイ感じに発酵上がってきてたので、朝食後から早速続きに取り掛かりました。

でもでも ・・・ 焼き上がった代物は ・・・

_02_2 

どれをとってもカイザーゼンメルとは似ても似つかぬ代物ばかり
専用のスタンプを使ったにも係わらず、この有様です。

_01_3

一番まともなのでも、この形って ・・・

続きを読む "カイザーゼンメル"

| | コメント (0)