スィーツ(教室)

Cake au caramel et aux figues

Cake_au_caramel_et_aux_figues

Cake au caramel et aux figues “ いちじくのカラメルパウンドケーキ ” を習ってきました。

このケーキ、非常に簡単に作れます。
バターケーキ生地は2~3回も作れば十分上手に作れる様になるのではないでしょうか?
このケーキの良いところは、超簡単なのに 「 コレ、お店で買ったの!」 的な完成度に仕上げる事が出来る所ではないでしょうか。
でも、超簡単なんですよ
お店で見ると、『 え~っ こんなにするの~ 』 っていう良いお値段しますしね~
絶対手作りするに限ります。

カラメル風味のパウンドケーキ、紅茶と一緒にいかがでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Tartelettes aux noix

Tartelettes_aux_noix

Tartelettes aux noix “ ナッツのタルトレット ” を習ってきました。

う゜ぅ 。。。更新サボってしまいました
ほぼ1ヵ月振りの更新。忙しいのかなぁ 。。。
忙しいと云えば忙しいのかもしれないけど、たぶん実際の忙しさ以上に気持ちばかりが焦っているのだと思います。

このタルトは先週教室で焼いたものです。
見た目地味だし、ナッツが大好きという訳ではないので、そんなに期待していたレシピじゃなかったのですが、コレを習う前、教室で試食を戴いた時、美味しかったので、授業を楽しみにしていたメニュー。
作り方もブリゼ生地さえマスター出来れば簡単です
空焼きしたブリゼ生地にアパレイユを流してナッツをラフにトッピングすれば
見た目同様、素朴な味にホッと心和む、お味です。

今回の、このレシピのキーワードは “ ラフに ” でしょう
素朴がステキな、お菓子なので、作り込んでしまうと、このお菓子の魅力が半減してしまうかも ( ← コレ先生の受け売りです。 )
なので、気軽に気をわず作れそうですね
コーヒーかカフェオレと共に、どうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

+ Strawberry

Baked_cheese_cakestrawberry

新しく作ったケーキじゃありません。
小粒の苺が手に入ったので、教室で焼いたチーズケーキに乗せたらカワイイだろうな と思って ・・・
もう少し手をかけて、これまた教室で作ったミルクジャムと苺ジャムでお皿に絵を描いても ( ドレッセとか云うらしいです。パティスリーMON (クイーンズコミックス) っていうコミックで知りました。因みに4巻に載ってます。 ) 良かったなぁ~と写真見て気付きました。
今度、機会があったらやってみようっと。

小粒だけど、とっても甘くて美味しかったです
小粒の苺を見つけると、ついつい買いたくなってしまう私

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Baked cheese cake

Baked_cheese_cake01 

Baked cheese cake “ ベリーのベイクドチーズケーキ ” を習ってまいりました。
チーズのアパレイユの下にラズベリーを忍ばせてます。
味のアクセントと共にラズベリーの赤が可愛さ up

タルト型にブリゼ生地を敷きこんでチーズのアパレイユを流して焼いてあります。
定番中の定番ケーキなので、作られた事のある方も多いのでは。

授業では手で作るブレゼ生地の作り方を勉強します。
あと、タルトの敷き込みですね。
これをマスター出来れば、タルト作りのバリエーションが広がりますよね~

以前習っていた同じ教室の旧基礎クラスでもベイクドチーズケーキは習っているのですが、その時よりも今日食べたブレゼ生地の方が美味しかった気が ・・・
アパレイユのレシピは替わっているのですが、ブレゼ生地のレシピは同じの様な気がするので、単なる気のせい ? なのかなぁ~
何はともあれ美味しかったです 今朝の朝食に頂きました

ケーキの全景はコチラ。

Baked_cheese_cake02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chiffon cake

Chiffon_cake

Chiffon cake “ シフォンケーキ ” を習ってきました。

アールグレイの紅茶葉を使っているので、紅茶のシフォンケーキですね。
実はシフォンケーキを自宅で焼いた事は一度も無いので、シフォンケーキは前回の製菓の旧基礎クラスで習って以来2回目でした

モリモリ型いっぱいに膨らんで、超イイ感じに焼けましたぁ~
教室だから、紙型を使ってます。焼いたらそのまま持ち帰れる様にって事で。
紙型だから上手く焼けたのかしら 。。。
先生曰く、金属製の型よりも紙型の方が上手く焼けると云っていた様な気がしたのですが。
紙表面のザラつきがシフォン生地のしぼむ時のストッパーの役割となるらしい。
金属型は型の表面は紙に比べるとツルツルしてますからね。
話は変わりますが、この紙型カワイクないですか? カワイイし手軽だから使い易そう。
ナチュラル系のラッピングでプレゼントしても ですね。

シフォンケーキって食べる部分によって違う食感が味わえませんか?
シュワシュワ、フワフワな食感の中心部分は文句ナシに美味しいと思うのですが、私は何気に丁度写真に写っている部分が好きだったりします。

あと1つ。
教室では Confiture au lait “ ミルクコンフィチュール ” も習ってきました。
本当は、そのミルクコンフィチュールをかけた写真も載せたかったんですが、どうにもソースのかかり具合が写真に耐えうる姿ではなかったので、割愛させて頂きました
紅茶風味の生地にミルクジャムだからミルクティーの味わいかしら。
ビックリする位、とっても簡単に作れます。
一緒に授業を受けた友が 「 半端に余っちゃった生クリームがある時、作るとイイね 」 と云ってて、「 それ良いアイデアだね~ 」 と盛り上がってました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Cake au chocolat et aux marrons

Cake_au_chocolat_et_aux_marrons

Cake au chocolat et aux marrons “ チョコレートとマロンのパウンドケーキ ” を習ってきました。

基本チョコレートベースのバターケーキ生地に味や食感をグレードアップさせる色々が入っています。
バターケーキの基本が分かっていれば、それほど難しくはないのかな?って感想。
工程は、どれも、お菓子作りの基本的な作業ばかりです、多分。

最近、お菓子を作っていて思う事なのですが、同じ焼き菓子でも型が違うと本当に表情がガラっと変わるなぁ~って事。
今回のケーキもバターケーキなので、定番はパウンド型だったりするのでしょうが、シリコンのピラミッド型で焼くだけで、随分と洗練された印象になってますよね
だからすぐ、新しい焼き型、欲しくなっちゃうっていう

それにしても、リニューアル後の製菓基礎クラスのメニューは、どれも味のレベル高い気がします。
基礎クラスなので、そんなに難しい工程は無いと思うのですが、少しずつの丁寧な工程の積み重ねの賜物なのかなぁ。
今日のケーキも美味しく頂きました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mousse a la fraise

Mousse_a_la_fraise

Mousse a la  fraise “ いちごのムース ” を習ってきました。

このケーキ、カワイイですよね~
苺のピンク色が春が来たなぁ~って感じの、とってもラブリーなケーキ。
お味も甘酸っぱくて、お口の中も春いっぱいです。
ホールじゃないケーキだとカットしなくてもいいし、ケーキ屋さんで買ってきたみたいな、このサイズの方が普段食べるには良いかも、私的には。

こんな感じのムースで試してみたいアレンジアイデアがあるので、近いうちに作れたらいいなぁと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tarte aux fruits frais

Tarte_aux_fruits_frais01

Tarte aux fruits frais “ フレッシュフルーツのタルト ” を習ってきました。

こういう感じのタルト、昨今いろんなケーキ屋さんで見かけますよね。
とっても華やかなフレッシュフルーツてんこ盛りのタルト。
こういうタルトって昔は無かった気が ・・・ 今は普通だけど、昔は、こんな華やかなケーキは無かったんですよっていうと年齢がバレそうですが

授業の方ですが、とにかく工程が多くて、先生の方が大変だったかも。
これだけの工程を2~2時間半以内に納めなければならないのですから。
自分的には、マスタークラスの授業も終えていて、どの工程も復習ばかりだったので、そんなに大変という感じは無かったです。
そんな中、楽しみにしていたのはフレッシュフルーツの盛り付け。
この盛り付け次第でケーキの印象がガラリと変わってしまう重要なポイントです。
私、こんなに豪華にフルーツを盛り付けるケーキを作るのは初めてで、実際やってみると、やっぱり難しいですね ・・・
キレイに、でもあまり整えすぎず、ランダムに、でもバランス良く。
こういう盛り付けって本当にセンスが全面に出てしまって困ります。

味は ・・・ 勿論文句ナシに美味しかったです
フレッシュフルーツの下にはクレーム・パティシエールが敷いてあるのですが、このクリームさえ上手く出来ていれば50%は成功した様なものではないでしょうか。
サクサクタルトの食感と滑らかクリーム、ジューシーフルーツの組み合わせは完璧

ケーキの全体像はコチラ。

Tarte_aux_fruits_frais02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mont Blanc

Mont_blanc_2

教室で Mont Blanc “ モンブラン ” 習ってきました

モンブランも絶対受けたいメニューの1つだったので授業たのしみにしてました。

モンブラン口金の扱いは、やはり難しいですね 。。。
仕事でも使っているので、扱いのコツは、それなりに分かっているつもりなのですが、まだまだ使いこなせていない私です。
他の絞りも全てに共通する事なのでしょうが、コレもまた上達への近道は回数をこなすしかないんですよね~絶対。
でも、作り方自体は、そんなに難しくはないと思うので、組み立てさえ上手く出来る様になれば、皆んなから尊敬される事、間違いなしのケーキです

なんだか毎回同じ様な事書いてる気がしますが、今回のモンブランも手作りにしては、かなりレベル高く美味しかったです
使用したマロンペーストも良いものだったし、中に入っている栗も渋皮煮のものを使用しましたので。

ちょっとだけ余談。
授業中に話していたのですが、モンブランって昔は黄色いのばっかだったよね~って話。
今では黄色のモンブランケーキを探す方が難しいかも。
日本のお店のケーキやパンも、どんどん洗練されて進化していってますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mousse au cassis

Mousse_au_cassis

またまた製菓教室。
Mousse au cassis “ カシスのムース ” を。

以前習っていた旧の基礎クラスにもカシスのムースがありました。
今回若干リニューアルされてますが、基本的な骨格は同じ。
しか~し、私、折角習ったにも関わらず、自宅で一度もムースを作った事ありません (^^;ゞ
なので、今回は復習を兼ねての授業となってしまいました。
折角セルクル型とか持ってるんだから、ムースも作らなきゃいけませんね。
ひとまず、次回自宅で作る時はお手軽にカップデザート風かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧